こんにちは。アプリソムリエの今井安紀です。
フリマアプリを活用している方々が値段をつける時に考慮しなければいけないのが「送料」。
匿名配送の場合はある程度使えるものが限られてくる分決定がスムーズだと思いますが、そうでない場合はたくさんの選択肢が。それぞれの商品によって送料を毎回毎回調べるのは大変になってきますよね。
今回ご紹介する『送料計算/送料比較アプリ MerCalc』があればサイズや送り先などの条件を簡単に入力するだけですぐに送料を比較することができちゃうんです。

本を出すとしたら送料はどれくらい?実際に試してみました。

画像: 余談ですがこの「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」、英語の組み立てが理解しやすくてオススメです。

余談ですがこの「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」、英語の組み立てが理解しやすくてオススメです。

使い方の説明をするなら実際にモノがあったほうがわかりやすいでしょう。ということで例えとしてこの本を出品してみるつもりで計算してみます。
アプリにタテ、ヨコ、厚さ、重さなどの必要事項を入力していきます。
全ての項目を入力しなくても検索はできますが、より正確な結果を出すために正確に入力しましょう。この本の場合、重さを省いたら何と定形外郵便が出てきました…。120gまでなので送ることはできません。
また商品の大きさぴったりのサイズの袋などに入れて発送する場合はモノを測ればいいのですが、封筒などに入れる場合はそちらのサイズを測り、商品の厚さと重さを入力するようにします。

画像1: 本を出すとしたら送料はどれくらい?実際に試してみました。

「計算」をタップするとすぐにこのように送料が安い順に出ます。
各フリマサイト別でも出るので、使い分けをしている人はここで出た安い送料のサイトに出品するとかもありだと思います。
サイト指定のものではない、ヤマトやレターパックなども下の方へスクロールしていくと出てきます。送料順になるので割高な場合はどうしても下の方に表示になってしまうようです。
また着払いにしたい場合は右のように「着払」をオンにして「計算」をタップするとその商品サイズに対応した着払いのプランを提示してくれます。

画像2: 本を出すとしたら送料はどれくらい?実際に試してみました。

送付先の相手の地域がわかっている場合、「指定なし」以外を指定することで宅急便、宅急便コンパクト、ゆうパック、はこBOONminiも比較対象に含めることができるそうです。
発送方法を未設定にしておいて、その商品が購入された場合はこの機能が便利でしょう。
また逆に「指定なし」にしておくことで全国一律料金の宅配サービスのみに絞って比較することができるそうです。

画像3: 本を出すとしたら送料はどれくらい?実際に試してみました。

スワイプ、または下のタブをタップすると計算結果で出た送料を一覧で見られます。
たくさんある場合、下の「追跡」「補償」「一律」「着払」のスイッチをONにすることで条件をつけて絞り込むことが可能です。
タップすることで条件の詳細が確認できるので、調べたものがその発送方法で送れるものなのかどうか、また最低販売価格の確認など目を通しておきましょう。

ちょっと大きめの箱も計算してみました。

画像1: ちょっと大きめの箱も計算してみました。

フリマサイトで配送する場合、先ほどのような封筒サイズのものだけではなく箱を使うこともありますよね。その際はどんな方法で送れるのでしょうか。うちにある箱を使って軽めのものを配送する想定で計算してみました。
クロネコヤマトやゆうパックの箱はサイズが記載されていたりしますが、家にある箱を使って発送する場合はサイズが謎。まずはタテヨコ、厚さのところに箱の高さ、そして箱を含めた重さを入力しその他条件を指定し計算してみると、今回の商品は定形外郵便が一番安いとのことでした。
追跡や補償が定形外はついていないので、それらが必要な場合は宅急便やゆうパックを選択した方が良さそうです。

画像2: ちょっと大きめの箱も計算してみました。

地域を指定してみたところ……とりあえず一番上にあったから北海道にしてみたところ、着払いの値段がかなりお高い…!60サイズでもこの値段、受け取った人がびっくりしそうな値段ですね。
これ自分が着払い商品を購入する際、発送元が遠かった場合送料込みで値段を考える時に役立ちそうですね。

他にも利益計算や追跡番号検索などの機能が。

画像1: 他にも利益計算や追跡番号検索などの機能が。

「利益計算」のタブでは価格、手数料、送料、あれば原価を入力することで利益を計算できる機能もついています。
手数料はパーセンテージを10%、8.64%、3.5%、0%から指定できるほか、ボックスに数値を入力して指定することもできます。
赤字にならない販売価格の決定にぜひご利用ください。

画像2: 他にも利益計算や追跡番号検索などの機能が。

隣の「設定」のタブでは検索の条件を設定することができます。
メルカリ便利用の方で、持ち込みしないで集荷に来てもらう派の方は「メルカリ便集荷」をONにしたり、持ち込みをする人はその割引分を加味した料金で計算するようにもできます。
また専用BOXが必要な宅急便コンパクトはBOX代を上乗せして計算することもできちゃうんです。
さらに隣の「その他」のタブからは追跡番号の検索もできます。
主要な宅配サービスであるヤマト運輸、日本郵便、佐川急便で対応しているそうです。

画像3: 他にも利益計算や追跡番号検索などの機能が。

使い方がよくわからなくなってしまったら「その他」から「ヘルプ」を開くとマニュアルを読むことができます。
詳しい使い方や設定方法などもここに書かれています。送付対象が限られるものは結果がデフォルトでは出ないようになっているなど細かい設定も実はあったりするので、送料も駆使して利益を増やしたい方は読み込んでおくといいかもしれません。対応している送料の種類なども一覧で見ることができるので確認してみてください。

フリマアプリを活用するなら少しでも多くお金がもらえるようにしたい。いつも同じ発送方法を使っている方、実はもっと安い方法があるかも…?
まずは『送料計算/送料比較アプリ MerCalc』で送料を簡単に商品ごとに最適化するところから初めてみてはいかがでしょうか。

送料計算/送料比較アプリ MerCalc

iOS

Android

This article is a sponsored article by
''.