こんにちは。アプリソムリエの今井安紀です。
日記付けようと思っても続かない!それならおしゃれな日記アプリ『DayGram』はいかがでしょう?
一言だけでも成立する作りになっているので無理に長い言葉を絞り出す必要なし。長文も書けるのでその日の密度に合わせて自由に描くことができるんです。

サラっと一言。これで日記完了!でもOK。

画像1: サラっと一言。これで日記完了!でもOK。

シンプルかつおしゃれなデザイン、そして一言だけでもOKな作りになっているこの『DayGram』は使い方もシンプル。一覧画面の「+」アイコンをタップして文章なり一言なりを書き込むだけで今日の日記完了!
一言だけでもOKな作りってどういうこと?というのは左側のスクショを見ていただければわかる通り、1行だけでもおしゃれに表示してくれるんです。誰に見せるわけでもないけれど、自分で見た時にスッカスカ感が出ないって大事です。

画像2: サラっと一言。これで日記完了!でもOK。

長めに書きたい時、今起こったことを時系列で今日は記録したいな、なんていう時にはタイムスタンプ機能が便利。書き込み画面の左下にある時計のアイコンをタップすると現在の時刻を表記することができるんです。
思いつきで旅に出た時の経路の記録、スポーツを見ながら経過をメモするなど色々使えそうです。

過去の分も書き込んだり、写真を付けたりもできます。

画像1: 過去の分も書き込んだり、写真を付けたりもできます。

『DayGram』では過去の分の日記を書くこともできます。
一覧画面の各ドットがそれぞれ1日なのでそれをたどって書きたい日を選びます。赤くなっているところが日曜日なので日曜日の位置から数えると分かりやすいですよ。
このアプリの日記では1日1枚まで写真を添付することができ、画面下の四角が2つ並んでいるとことをタップして添付します。(ちなみに真ん中にうっすらある長方形アイコンが戻るボタンです。最初わかりませんでした。)

画像2: 過去の分も書き込んだり、写真を付けたりもできます。

写真選択画面では写真自体を選んだ後、日記に表示させる部分を上の画面の四角の枠で選択します。
前の画面のように文章付きの日記ページでは選択した範囲が白黒に表示され、タップすることで右のスクショのように全体表示に切り替わります。全体表示はデフォルトではカラーになりますが、設定で白黒のままにすることも可能です。

画像3: 過去の分も書き込んだり、写真を付けたりもできます。

私が書いた写真付き日記です。だいぶ雑ですがこんなもんでも成立しちゃうようにできているのが『DayGram』の良いところ。
一部分しか見えないから振り返って見た時に「あれ?これなんだっけ?」ってパッと見で思い、その後開いて詳細を思い出すという工程もエモさが増して良さそうです。

デザインや使い勝手はあなた好みにカスタマイズ可能。

画像1: デザインや使い勝手はあなた好みにカスタマイズ可能。

『DayGram』は設定であなた好みにカスタマイズすることが可能。一覧画面の右下の四角いアイコンをタップすると設定画面を開けます。
日記の詳細画面の枠デザインを変更したり、アプリ自体にパスワードをつけておくことも。
枠デザインは5種類から選べますが一部有料となっています。日記自体のテーマも購入して変更することができるそうです。
文字のサイズを変更することもできるので目が悪い人も使いやすくできますよ。

画像2: デザインや使い勝手はあなた好みにカスタマイズ可能。

また全体の日記一覧画面もワンタップで切り替えることができます。
デフォルトでは左のスクショのようになっていますが、下のアイコンの中で右から2番目のやたら長い棒みたいなアイコンをタップすると右のスクショのように書いたこと全部を一覧でも見られるような表示にすることができます。
お好みに合わせて設定してみてくださいね。個人的には左のほうが好みです。

日記を書くということはただ日々を記録するというだけではなく、考えていることを言語化することで頭の整理に役立ったり、毎日続けることで自己肯定感を育てる一つの助けにもなると思います。
まずは難しいことを考えずに毎日一言ずつでもこの『DayGram』で日記つけてみませんか?

DayGram

iOS

Android

This article is a sponsored article by
''.