こんばんは!
今回は皆大好き(多分)うなぎを紹介します☆

今月の7月30日は
夏の土用の丑の日です!

ということは‼︎
うなぎの日です(笑)

ということで、今回は鰻屋さんを紹介します。

土用の丑の日に何故うなぎなのか

まずは、なぜ土用の丑の日に
うなぎを食べる習慣があるのかを
簡単にまとめてみたいと思います。

ちなみに、土用の丑の日は
春夏秋冬に渡ってあります。

その中でも、本来、旬が冬であるうなぎを
旬でなく売れない夏に販促するために
うなぎを食べる習慣を根付かせたという説が有名だそう!

うなぎ業界の戦略とでもいいますか…(笑)
でも、夏バテ予防にもいいうなぎなので
是非ともこのタイミングで贅沢するのはありでは!?

西麻布「いちのや」

それでは、本題のうなぎ屋さん、
「いちのや」さんを紹介したいと思います。

趣のある佇まいで、
少しお高そうな入り口…
でも、うなぎとは高いもの!
思い切って暖簾をくぐります(笑)

中に入ってみると、
一階、二階にわかれており、
二階は個室になっているようです。

せっかくなので、まずは
白焼からいただきました。

画像1: 西麻布「いちのや」

生わさびと塩を少々かけて食べると絶品です!

口の中でほろりとほどけて、
あっという間にペロリと平らげてしまいました。

そして、お待ちかねのうな重です。

画像2: 西麻布「いちのや」

お吸い物とお新香がついてきます。

うなぎは濃厚なタレがしっかり絡んでいて
ふわっふわ。

そして、なんと。二重なのです。
上から
うなぎ→ごはん→うなぎ→ごはん
と贅沢にもうなぎが挟まっておりました(笑)

食べ応えもあって美味でした!

おいしいうなぎを食べて
この暑い夏を乗り越えましょう♪

住所:東京都港区西麻布4-1-6 高塚ビル1F.2F
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
定休日:無休
連絡先:03-5766-1536

This article is a sponsored article by
''.