画像: The journey is the reward.

次はどこの国へ行こうかな〜と、旅コーナーを覗いていると、タイトルに目が止まり、何気なく手にとってみると、あまりにも面白くて一気に読了してしまいました。

IT会社を設立し、TABI LABOの創業者でもある、成瀬勇輝著「旅の報酬」
旅が人生の質を高める33の確かな理由。
この方も50カ国以上旅をしてきて、旅とはトラブル。独りで旅する事は、様々なトラブルに巻き込まれ、全て独りで判断し、解決し、目的地まで進んで行かなければならない。
いつもいる場所から離れ、客観的に見ることで、また新たな発見が生まれる。

第1章 なぜ人生に迷った時、スティーブ・ジョブズは旅に出たのか?成功者の原点にはいつも旅がある。
第2章 旅が人生の質を高める33の理由
第3章 ネットとリアルを行き来する21世紀の旅行術。旅の真価は、“こころの動き”の中にこそある!

の、第3章からなり、travelの言葉の由来はtroubleに由来する、と言われています。
私もLAでパスポートをなくしたり、ドバイとヒースロー空港で飛行機に乗り遅れたり、インドでは電車に、そしてローマでは子供たちに騙されたり、数え切れない程のトラブルに巻き込まれてきました。
たしかに、人は窮地に立たされた時、冷静でいられなくなり、パニックになり、異国の地で泣き出したこともありました。でも、たった1人でいる以上、自分で解決していかなければ、目的地疎か、先に進まないのです。
まあ、そんな私のドジなお話はさておき、人間は困難を愉しさに替えることが出来るそうです。そのトラブルにどう対処するか、一つ一つクリアすることでまた違う発見、出会いは勿論、感動が生まれるのです。
辿り着くのが目的ではなく、そこへ行く為のプロセスが重要で、人生と旅は本当に比例しているなぁ、とつくづく思ったのでありました。
ウィリアムシェイクスピアや、チャールズチャップリン、マザーテレサなど、偉大な人たちの名言が更にリアルに後押ししてくれます!
ぜひ、怖がらないで、一歩踏み出す勇気を!

旅に出ると、Serendipity (素敵な偶然)に沢山出会えますよ!

今、何かに立ち止まっている人、悩んでいる人、人生の岐路に立っている人、ぜひこの本を読んで、旅をしましょう!

This article is a sponsored article by
''.