画像: CAROL

人は、理由なく惹かれ合うもの

心と心が一瞬で惹かれあい、交わる視線と表情一つ一つが、言葉以上に物語っています。
2人の恋に落ちた瞬間に、私も心を奪われてしまいました。

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストを夢見てマンハッタンにやって来たテレーズは、クリスマスシーズンのデパートで玩具販売員のアルバイトをしていた。

彼女にはリチャードという恋人がいたが、なかなか結婚に踏み切れずにいる。ある日テレーズは、デパートに娘へのプレゼントを探しに来たエレガントでミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われてしまう。

それ以来、2人は会うようになり、テレーズはキャロルが夫と離婚訴訟中であることを知る。

生まれて初めて本当の恋をしていると実感するテレーズは、キャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが…

この時代のアンニュイな雰囲気好きです。

街並みも、ファッションも、交わす言葉も、二人も…全てが美しかった。

キャロルの華やかな装いとは一見、娘と離されてしまうかもしれないという不安と、奥底にある空虚感との戦い、繊細な心の機微が表情だけで伝わってくる。
ルーニーマーラの不安げな表情も本当に素晴らしかった。
そんな対照的な2人が、お互いの存在によって自立した女性へと成長していく姿に、励まされます。
心のままに従って生きていくことを教えてくれます。

ケイトの獲物を逃さない強い眼差しに、私も虜になってしまいました!笑

This article is a sponsored article by
''.