こんにちは!
本の紹介は久しぶりになってしまいました。
今回は本棚の整理をして、
ついつい読み返した二冊を紹介したいと思います!

この二冊は、私が初めて読んだ医療物の作品。
医療物と聞くだけで、難しそうな気がして
あまり手を出さなかったのですが…
この作品は女性として興味のある内容で、
私もすぐに作品にのめり込むことができました!

「チーム・バチスタの栄光」でも有名な
海堂尊さん著書の作品、
「ジーン・ワルツ」
「マドンナ・ヴェルテ」
の二冊です☆

画像: ジーン・ワルツ / マドンナ・ヴェルテ

顕微鏡下体外受精のエキスパートである曾根崎理恵は、
帝華大学医学部の助教授をしている傍ら、
閉院間近のマリアクリニックでも働いていた。

マリアクリニックで理恵は、最後の患者でもある
5人の妊婦を診ていた。
年齢、境遇も違う彼女たちは各々に問題を抱えていた…

そんな中、理恵の先輩の清川医師は
理恵が代理母出産に手を染めたという噂を聞き、
真相を追う…

生命の誕生という神秘的な場所で
巻き起こる医療ミステリー。

「マドンナ・ヴェルテ」は「ジーン・ワルツ」の
裏編となっており、
「ジーン・ワルツ」では見ることができなかった
裏で起こっていた物語が描かれてます。

女性なら一度は自分の子供を産みたいと
思ったことがあるかと思います。
でも、不妊症やその他様々な病気などで
実現できないことも多々あります。

一方、不可能と思われていたことを
可能にしてくれる技術の進歩も目覚しいと聞きます。

この題材は私にとって、
女として非常に興味深い作品でした。

医療の難しい部分だけでなく、
人として、女性としての感情などもよく描かれており
次が気になって眠れなくなってしまいました(笑)

是非とも、
二作品とも続けて読んで欲しいです!
読めば読むほど面白くなっていった気がします。

この作品を読んでから、
医療系の物語もすんなりと読めるようになって、
出会えてよかったと思う作品でした‼︎

おすすめです♪

This article is a sponsored article by
''.